円形脱毛症ではないAGAの症状は梅田の病院へ

円形脱毛症ではないAGAの症状は梅田の病院へ

円形脱毛症 

ストレスが原因の円形脱毛症の場合は、ストレスが取り除かれればそのうち症状は治まります。
しかし男性ホルモンが原因の男性型脱毛症AGAの場合は何もしなければ徐々に症状が進んでしまいます。
AGAは次第に細く短い髪の毛が増えて、抜け毛が多くなり、薄毛が広がっていく症状です。
進行タイプには頭頂部から薄くなる、額の生え際から薄くなる、両方から薄くなるの3つがあります。
男性にとって悩みの種となりますがAGAは原因となっている男性ホルモンを抑制させれば改善が見込めます。
梅田の病院ではそんな男性ホルモンの分泌を抑える効果があるプロペシアを処方しています。
医学的にも効果が証明されているフィナステリドを主成分としています。
もともとは前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として開発されたのですが、副作用として発毛が認められたことから、AGA治療薬として転用されるようになりました。
プロペシアは1日1錠を毎日服用し、3か月から6か月続けて効果が出るかどうか確認いたします。
必ず効果が出るという訳ではありませんが、多くの方で改善が認められています。
AGAは毛母細胞の寿命が残っているうちに治療を開始するのが望ましいと言われています。
頭皮が透けて見えるようになり始めたらお早めに病院でご相談ください。