遺伝や男性ホルモンが原因のAGAは梅田の病院へ

遺伝や男性ホルモンが原因のAGAは梅田の病院へ

遺伝 

AGA男性型脱毛症は遺伝や男性ホルモンの要因で引き起こされると考えられています。
ジヒドロテストステロンという脱毛作用がある男性ホルモンが増える原因としては、ストレスや偏った食事、睡眠不足、喫煙、飲酒などがあります。
この男性ホルモンの一種が増えるとヘアサイクルに悪影響を及ぼし、毛髪が十分に成長できずに細いまま抜けてしまうようになります。
AGAによる脱毛の進行パターンは主に3つで、額の生え際から、頭頂部から、その両方からです。
どの進行パターンでも徐々に薄毛が進行していき、最終的には頭部全体へと広がってしまいます。
しかしAGAは最終段階まで進まないうちに治療を行えば改善が期待できる症状です。
梅田の病院ではプロペシアを使ったAGA治療を行っています。
プロペシアは脱毛の原因となるジヒドロテストステロンを抑制する成分、フィナステリドを錠剤にした飲むタイプの育毛剤です。
きちんと医学的に効果が認められたAGA治療薬ですから安心です。
プロペシアは医薬品ですので医師から処方箋をもらうことが必要です。
充分に効果を出すために医師の指示のもとに正しい服用をすることも大切になります。
稀に副作用が現れることがありますが、気になる症状が出たときは医師にご相談ください。