薄毛が目立ってきたら梅田の病院でAGA治療

薄毛が目立ってきたら梅田の病院でAGA治療

薄毛 

毛髪には毛周期という生まれ変わりのサイクルがあります。
成長期、退行期、休止期を繰り返しながら生えたり抜けたりしています。
しかし何らかの原因でジヒドロテストステロンという男性ホルモンが体内で増えると、この成長期を短くしてしまいます。
次第に細く短い抜け毛が増えてきて、薄毛が進行してしまいます。
進行してくると頭頂部から、額の生え際から、あるいはその両方から地肌が目立つようになってしまいます。
そのまま放置しておくと頭部全体へと広がってしまう、男性にとっては悩みの大きい症状がAGA男性型脱毛症です。
そんなAGAでも治療は可能です。
梅田の病院ではフィナステリドを錠剤にしたプロペシアを処方しています。
フィナステリドはジヒドロテストステロンの発生を抑制すると医学的にもその効果が認められた有効成分です。
細く短い毛髪がしだいに太くなり、脱毛を抑えることが出来ます。
プロペシアを1日1錠服用し、3か月すると効果が表れ始めます。さらに効果を確認できるまで6か月くらい服用を続けます。
プロペシアは効果の高い医薬品ですが、改善には個人差があります。
AGAの末期まで進行してしまうと、プロペシアでも治療が難しくなってしまいます。
毛母細胞がまだ再生できるうちにお早めの治療がとても大切になります。